Category

独自のカリキュラムによる情報Iの総確認

現在は小中学校でプログラミングが必修科目となっているものの、高校で学ぶ情報Iの内容は一気に難易度が上がります。そのため、高校進学後に「情報嫌い」となってしまう恐れが高く、抜本的な対策をおすすめしております。八王子でScratchの基礎から学び、情報Iを学ぶ上で必要な基礎スキルを身に付ける段階からスタートすることで、応用力と創造力を着実に育みます。

2022年から「情報I」が高校の必修科目となりました。生活に欠かせないスマートフォンやAI、IT技術などについて理解し、活用するための重要な変化です。しかし、現在の中学校では情報とプログラミング教育は平均で年間約8時間しか確保されません。そのため、高校で学ぶ内容がより難しく感じやすくなっております。十分な準備をした上で新しい分野を学んでいただけるように、八王子でIT関連に特化したカリキュラムを提案しております。

高校で扱う情報Iは中学校で学ぶ内容よりも範囲が広く、急に難易度が上がります。そのため、基本的な情報の知識を学んでいたとしても、事前に対策を取らなければスムーズに理解を深められない恐れがあります。情報科目は大学受験の入試範囲にもなり、今後ますます重要度が高まっていきます。学習内容をできる限り先取りすることで、今後の社会でも必要となる基礎知識を少しずつ身に付けることをおすすめいたします。